moutablog
幅広いお得で大人な情報をお届け!
フィットネス

【徹底比較‼】ホエイプロテインとソイプロテインの違い~あなたはどちらを選ぶ⁉

 

こんにちは!モウタです。

現在の筋トレブームで、体を引き締めている方がすごい勢いで増えてきましたね。

有名人の方も、軒並み筋肉を鍛えてマッチョや細マッチョになっています。

このままいくと、筋トレをして体を引き締めておくことが、最低限のマナーになりそうな勢いですね。

そんな体を引き締めるのに、強い味方がプロテインです。

年々プロテインの需要は、ものすごい勢いで伸びています。

数えられないほどの種類のプロテインが、販売されています。

そんな中でも人気があるのが、ホエイプロテインです。

続いてソイプロテインが売れていますね。

ホエイプロテインは動物性、ソイプロテインは植物性のタンパク質からできていることを知っている方は多いでしょう。

それ以外の違いは?といわれると困る方も多いでしょう。

今回はそんな方のために、ホエイプロテインとソイプロテインの違いについてみていきます。

お互いの違いを、徹底比較していきます!

本文を読み終わると、あなたも自分の好みのプロテインがわかるでしょう。

そして選んだプロテインを使って、ぜひ体を引き締めましょう。

ホエイプロテインとソイプロテインの違い

ホエイプロテインとソイプロテインの違いについてみていくために、まずはそれぞれの特徴についてみていきましょう。

ホエイプロテインの特徴

ホエイプロテインは、牛乳からできています。

牛乳なので動物性のタンパク質を使用しています。

ヨーグルトにできる上澄み液のことを、ホエイ(乳清)といいます。

ホエイには、タンパク質のほかにミネラルやビタミンも含まれています。

ホエイプロテインは、プロテインの中でも筋力アップに特化したものといえます。

消化吸収が速い

1番の特徴として、何といっても消化吸収が速いことです。

筋トレなどの運動後3時間は、筋肉の合成が促進されるゴールデンタイムという時間帯があります。

このゴールデンタイムにタンパク質を取り込むと、要領よく筋肉を作ることができます。

食事でタンパク質を摂ると、吸収に3~6時間かかってゴールデンタイムには間に合いません。

他のプロテインでも、ゴールデンタイムの間にタンパク質を吸収することはできません。

しかしホエイプロテインなら、摂取すると1時間ほどで消化吸収されます。

筋トレなどの運動の後30分位をめどにホエイプロテインを摂取すると、ゴールデンタイムの間にタンパク質を補給できて、効率的に筋力アップすることができます。

ダイエットに効果がある

ホエイプロテインは、とにかく筋力アップをさせて、脂肪をつけたくない方に向けて作られています。

筋トレなどの運動とともにホエイプロテインを使うと、脂肪が落ちることがわかっています。

また筋肉を増量することによって、基礎代謝が上がり、消費カロリーをアップさせることができるでしょう。

(基礎代謝とは何もせずにただ生きているだけで消費するカロリーのこと)

免疫力がアップする

ホエイプロテインには、免疫力をアップさせる物質も含まれています。

また活性酸素の除去や重金属の排出をしてくれる物質なども含んで、健康を維持する効果もあります。

WPCとWPIなど種類がある

ホエイプロテインは、製法の違いなどにより何種類かに分類されています。

その中でも有名なWPCとWPIについて触れておきます。

WPCは、ホエイプロテインの中で最も一般的なもので安価で手に入ります。

WPCには乳糖が含まれています。

そのため乳糖不耐性の方は、お腹を壊しやすくなります。

タンパク質の含有量は80%です。

WPIは、WPCから乳脂や乳糖を取り除いたものです。

乳糖不耐性の方でも安心して使用できます。

タンパク質の含有量は90%です。

WPCよりも、消化吸収が少し速く、やや高価になります。

WPCと比べると、免疫力が下がります。

他にも種類はありますが、基本的にWPCとWPIのどちらかを使用していれば問題ないでしょう。

摂取のタイミング

ホエイプロテインは消化吸収が速いので、いろんなタイミングで使用できます。

1番効果があるのは、上記したゴールデンタイムで使用する方法です。

運動前に摂取するのも効果的です。

筋トレを始めると、筋肉がすぐに分解されます。

これを防ぐために、先にホエイプロテインを消化吸収しておくのです。

運動の1時間ほど前にホエイプロテインを摂取することで、体をタンパク質で満たし筋肉の分解を少しでも減らすことができます。

また起床した朝に摂取するのも効果的です。

睡眠中は、タンパク質が補給できず、体内のアミノ酸が枯渇しています。

この状態では、筋肉が分解され続けています。

これを解消するために、タンパク質を補給することが大事です。

それに加えて、寝る前にホエイプロテインを摂取するのも効果的です。

タンパク質を補給してから睡眠をとることにより、筋分解をなるべく抑えることができます。

睡眠の1時間ほど前に摂るのが良いでしょう。

ここでおすすめのホエイプロテインを紹介します

※ダイエット用・筋トレ用の本格的プロテイン3選

 

ソイプロテインの特徴

ソイプロテインは、大豆からできています。

大豆なので植物性のタンパク質を使用しています。

原料が大豆なので価格が最も安いです。

その特徴として、グルタミンやアルギニンなどのアミノ酸が多く含まれています。

それに消化吸収に時間がかかるので、満腹感が続きやすいのも特徴です。

タンパク質の吸収率は、95%以上でほぼ完全に利用されます。

間食を防ぐ

ソイプロテインは、消化吸収に3~6時間かかり非常にゆっくりしています。

そのため満腹感が続きやすく、空腹を防ぐことができます。

美的効果がある

ソイプロテインは、大豆に含まれているレチシンやイソフラボンを摂ることができます。

まずレチシンは、血液からコレステロールを取り除き、血行を良くして、酸素や栄養素を体全体に届ける働きをします。

このため肌に必要な成分も、隅々にまで行きわたり美肌効果が期待できます。

またイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の作用があります。

このため「髪にツヤがでる」、「肌がきれいになる」などといった効果があります。

またイソフラボンは、骨の強化や血流改善、自律神経の安定などの効果が期待できます。

筋肉の増加

ソイプロテインは、筋肉の増加にも効果があります。

ソイプロテインは、植物性タンパク質が多く含まれており、筋肉の合成を効果的にするアミノ酸のアルギニンを多く含んでいます。

アルギニンは、血流を増やして、筋肉へ必要な栄養素を送る働きをします。

そのため筋タンパクの合成を活性化し、筋肉を増加させる効果があります。

他にもBCAAやグルタミンなどのように、筋合成の促進や分解に働くアミノ酸も含み、筋肉の増加に効果があります。

摂取のタイミング

ソイプロテインは、消化吸収に時間がかかるため摂取のタイミングは、間食時に摂るのが効果的です。

特に空腹の時に摂ると、満腹感が持続するのでダイエットに効果があります。

また寝る前に摂ることで、枯渇しがちなタンパク質をゆっくりと時間をかけて補給することができます。

ここでおすすめのソイプロテインを紹介します

※おすすめの筋トレ用ソイプロテイン厳選集

違いと用途

それぞれのプロテインの特徴を並べてきました。

いろいろと違いが浮き出てきましたね。

ホエイプロテインは、ゴールデンタイムを活用できるため、一般的にバルクアップに向いているとされています。

ソイプロテインは、大豆が原料という健康効果により、痩せそうというイメージがあり、特に女性に人気があります。

あるネットショップのデータでは、プロテインの売り上げの6~7割がホエイプロテインで、3割ぐらいがソイプロテインとなっているようです。

自分に合っていると思うプロテインを使用すると良いでしょう。

 

 

ホエイプロテイン・ソイプロテインの注意点

ホエイプロテインとソイプロテインを摂取する際の注意点をみていきましょう。

まずは運動ありきで

ホエイプロテインにしろソイプロテインにしろ、どちらも負けず劣らず素晴らしい栄養補助食品です。

しかし摂取しただけでは、お互いにただのタンパク質でしかありません。

タンパク質を筋肉増量に有効活用するためにも、まずは筋トレなどの運動をすることが重要です。

運動をしなければ、プロテインはただ脂肪に変わっていくだけです。

プロテインを購入して満足せず、しっかりと運動してから摂取しましょう。

プロテインの摂りすぎに注意

プロテインの摂りすぎには注意しましょう。

摂りすぎると腎臓や肝臓などを悪くする可能性があります。

タンパク質を大量摂取することにより、腎臓や肝臓に過剰な負担をかけてしまいます。

そうすると、様々な弊害を引き起こしてしまう可能性があります。

摂りすぎといっても、その程度についてはまだ議論されている最中です。

少なくとも、腎臓や肝臓に問題のある方は気をつけてください。

ホエイプロテインとソイプロテインの違いのまとめ

このようにホエイプロテインとソイプロテインの違いについてみてきましたがいかがでしょうか。

筋力アップやダイエットなど自分の目的に合って、利用しやすいプロテインを選びましょう。

ここでホエイプロテインとソイプロテインのどちらがいいか?

それは結論からいうと好みの問題ということです。

日本人は、乳糖不耐性の方がたくさんいます。

そういう方はソイプロテインを摂ればいいでしょう。

また成長期の子供なら、消化が良くカルシウムの含有量の多い、ホエイプロテインのほうがいいでしょう。

このように自分の好みによって選ぶのが1番良いでしょう。

 

最後に、私がおすすめするのはホエイプロテインです。

両方のプロテインを使用しました。

そしてゴールデンタイムの利用が効果的であると判断しています。

しかしソイプロテインも負けず劣らず、筋力アップには効果があります。

やはり自分の好みで選ぶしかありません。

現在のプロテインは非常に優秀です。

自分が選んだプロテインを信じて目的に向かって突き進みましょう!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です