moutablog
幅広いお得で大人な情報をお届け!
フィットネス

プロテインを使って腹筋をバキバキに割ろう!~初心者でもシックスパック実現‼

 

こんにちは!モウタです。

軽めの筋トレを続けて、お陰様で15年経ちます。

そのおかげで一応、シックスパックの腹筋を維持しています。

シックスパックは、筋トレをする方にとって勲章のようなものですね。

シックスパックを実現するのは、筋トレ初心者の方でも意外と簡単です。

なぜなら、お腹周りの脂肪を取り除いてやれば、誰でもシックスパックが浮き出てくるからです。

しかしお腹の脂肪を落とすことは、なかなか難しいですね。

腹筋を中心に、全身を鍛えてやらなければ実現できません。

今回はプロテインを使って腹筋をバキバキに割る方法をみていきます。

筋トレでオールアウトすることで、見事なシックスパックを浮かび上がらせます。

正しい筋トレ方法を実践していると、意外と簡単にできてしまいます。

そのためにホエイプロテインも利用します。

筋トレを正しいフォームで行い、その後ホエイプロテインを摂ることで、効率よく筋肉の増量ができるでしょう。

それでは、シックスパックという勲章を手に入れる方法を解説していきます。

プロテインを使って腹筋をバキバキに割ろう

体の見た目を決めるのは、骨格・筋肉・体脂肪の3つです。

骨格は、ほぼ変えることができません。

体をデザインするには、筋肉と体脂肪を理想に近づけることです。

誰にでもあるはずの筋肉が見えないのは、体脂肪が筋肉間の溝を覆っているからです。

脂肪の層を削るだけでも、見た目はずいぶん変わります。

ただし各部位の筋肉が小さいと、溝ができず胴体は薄い板に見えてしまいます。

そこで大事になってくるのが、筋肉の「めり込み」です。

つまり隣り合う筋肉をそれぞれ肥大させることで、筋肉の谷間を深く刻むのです。

溝ができると、骨に向けて筋肉がめり込んで見え、体にメリハリが生まれます。

今回はこの要領で、腹筋をバキバキに割ることに取り組んでいきます。

腹筋は、最も人目を引く部位です。

肥大すると、溝が深くなり割れて見えます。

脂肪が落ちれば、筋トレ初心者の方でも美しく見えるでしょう。

腹筋をピンポイントで狙おう

腹筋をピンポイントで狙うポイントは3つあります。

1つ目は、もちろん腹筋というターゲットを絞って狙うことです。

ただし腹筋だけを鍛える種目はないので、腹筋の中でもつけたい部分に最も刺激が入る種目を選び、さらにフォームを微調整する必要があります。

2つ目は、正確なフォームを最後まで貫くことです。

フォームが正しくないと、ターゲットにかけるべき負荷が他に分散されてしまいます。

それなら正しいフォームで行えているかの判断は、どうすればいいのか。

狙った筋肉がきちんと刺激されていることを、感じ取ることです。

これが3つ目のポイントです。

難しいと思うかもしれませんが、感じようとし続ければ「筋肉が疲れた」「熱くなっている」とわかってきます。

それが正しいフォームのサインです。

このような感じで腹筋を鍛えていきましょう。

 

腹筋で得られる効果

ここで、腹筋を鍛えることで得られる効果についてみていきましょう。

大きく分けて4つの効果があります。

 

1つ目は、姿勢が良くなります。

姿勢が良くなると見た目がスマートになり、引き締まって見えるでしょう。

猫背など姿勢の悪い方は、腹筋が衰えている証拠です。

ぜひ腹筋を鍛えて、良い姿勢を保てるようにしましょう。

 

2つ目は、基礎代謝が上がります。

腹筋は体の中でも、占める割合が大きいですね。

そのため鍛えることで、基礎代謝を上げることができます。

(基礎代謝とはただ何もせず生きているだけで消費するカロリーのこと)

つまり腹筋を鍛えることは、痩せやすい体を作ることに繋がります。

 

3つ目が、運動神経が良くなります。

腹筋を鍛えると、体幹部が丈夫になります。

体幹部とは胴体のことです。

腹筋は、この体幹を支えている筋肉の一部です。

手、脚、頭などをバランスよく動かすために、この体幹を鍛えることが重要です。

腹筋を鍛えると、この体幹が安定します。

このためスポーツ全般で、いろんな力を発揮できるでしょう。

つまり運動神経が良くなります。

 

4つ目は、腸内環境が改善されるでしょう。

腹筋を鍛えることで、内臓を適正な位置に保つことができます。

そのため腸の働きが活発化され、排便を促進する効果もあります。

つまり便秘の解消にもなります。

 

腹筋を中心に筋トレをしよう

ここからは、実際に腹筋をバキバキに鍛える方法についてみていきましょう。

腹筋を中心に筋トレをしていきましょう。

腹筋を鍛えるために、分割法を取り入れましょう。

分割法とは、「腹」や「胸」「背中」「脚」など全身の各部位を分割して鍛えるトレーニング法です。

各部位をそれぞれ1週間で2回鍛えましょう。

さらにその2回のトレーニングは、最低でも中2日は回復期間を空けるように組みましょう。

当然ですが、腹筋は入念に鍛えるようにしましょう。

クランチやバキューム、ドローイン、ロールアップなど腹筋を、くまなく鍛えるトレーニングを取り入れるとベストです。

オールアウトしよう

筋トレを実践するときは、回数を決めることが多いですね。

回数を決めると、それを達成することがモチベーションになるでしょう。

でも一律に回数を決めるのは、大雑把すぎます。

それに回数をクリアすること自体が、目的になりかねません。

そうすると正しいフォームで行うことより、回数を稼ぐことが重視され、努力対効果が下がってしまいます。

そこで筋肉を大きくしたいなら、回数にとらわれずオールアウトすることをおすすめします。

つまり腹筋を鍛えているなら、それを遂行不能になるまで続けるのです。

具体的には「もうできない」と思ってから、「あと1回」頑張ってみましょう。

これがオールアウトであり、その状態まで持っていくことが、筋肥大を最も高めるのです。

こうすると、オールアウトしたときが適切な回数であり、オールアウトすれば回数は関係ないといえます。

今回の腹筋をはじめ筋トレに取り組む時は、ぜひオールアウトを目指して鍛えていきましょう。

 

プロテインを摂る

筋トレの後には、必ずプロテインを摂っておきましょう。

プロテインには、ホエイ、ガゼイン、ソイなどの原料によって種類があります。

吸収速度、筋タンパク質合成速度ともトップ、つまり筋肥大率が最も高いのが、ホエイプロテインです。

それ以外は特殊な場合を除いて、必要ないといえるでしょう。

ここでおすすめのホエイプロテインを紹介します。

筋トレなどの運動をして鍛えた体を有効に育てるために、ホエイプロテインをとることをおすすめします。

筋トレ後の30~40分以内にとるのが良いでしょう。

すぐにとればとるほど効果的です。

筋肉の組織が破壊され、それを修復することによって筋肉は育っていきます。

筋肉がつくと基礎代謝も上がり引き締まった体作りの助けになります。

筋肉成長を増幅するためにも、必ずプロテインをとっておきましょう。

※ダイエット用・筋トレ用の本格的プロテイン3選

 

 

シックスパックの実現のために

プロテインを使って腹筋を割るために、オールアウトをするのが近道だとわかりました。

ここでシックスパック実現のためのポイントをみていきましょう。

最速で腹筋を鍛えるためのポイント

腹筋をピンポイントでフォーカスして鍛えると、より腹筋は大きくなり、正しいフォームでオールアウトをすれば、その効果はより高まります。

そのうえで適切な栄養補給して、しっかり休養をとりましょう。

最速で腹筋の筋肥大を促したいなら、これを実践すると効果がでます。

腹筋のトレーニングと、適切な栄養補給と、質の高い睡眠を、丁寧に実践し継続することが、結果的に腹筋を中心とした筋肥大への最短の道です。

 

継続すること

シックスパックを手に入れるためにも、腹筋を中心とした筋トレを継続しましょう。

きれいなシックスパックを作るためには、最低でも3ヶ月はみておきましょう。

とにかく早く結果を出したい方は、筋トレを続けながら、ダイエットをすると良いでしょう。

しっかりと腹筋をバキバキに割りたい方は、3ヶ月ごとに自分の体をチェックすると、効果を実感することができるでしょう。

 

プロテインを使って腹筋をバキバキに割ろうのまとめ

このようにプロテインを使って腹筋をバキバキに割ろうをみてきましたがいかがでしょうか。

腹筋を中心として分割法を取り入れオールアウトをしていると、意外と早い段階で腹筋は割れてきます。

筋トレを続ければ続けるほど、シックスパックは深く刻まれます。

シックスパックは、カッコのいい男性のシンボルなので鍛え上げておくことをおすすめします。

 

最後に、腹筋がバリバリに割れても、鍛えることは継続しましょう。

トレーニングを続けないと、きれいな腹筋を維持することはできません。

筋肉は使わないと、すぐに衰えてしまいます。

キープするためにも、日頃から刺激を与え、手入れしてやりましょう。

そうすることで、カッコいい男性として周囲から一目置かれるでしょう。

そして自信を持って存分に筋トレライフを楽しみましょう。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です