moutablog
幅広いお得で大人な情報をお届け!
フィットネス

【正しい効果的な方法を紹介‼】水でダイエットしよう!

 

こんにちは!モウタです。

今回は水でダイエットすることをテーマにします。

みなさんは「水」でダイエットと聞いて何を想像されますか。

食事の代わりに水を摂る置き換えダイエットのようなイメージを持たれる方もおられるでしょう。

しかし、今回はそんな厳しいダイエットのやり方ではありません。

普段は何気なく飲んでいる水ですが、水を飲むことによって代謝アップや便秘の改善の効果があります。

それに、ちょっとした水を飲むタイミングなどを変えることで、ダイエットにつながる効果もあります。

そもそも、人間の大半が水分(=水)からできています。

そのため、水は私たちの体にいろいろな影響を及ぼします。

また、一概に水といっても現在は様々な水が販売されていますね。

スーパーやコンビニでも、たくさんの種類の水が並べられていますね。

それぞれの水には、いろいろな効果がアピールされています。

このように本当に水を摂ることでダイエット効果があるとすごい朗報ですね。

しかし、お手軽であるけど注意しなければならない点もあります。

今回は正しい効果的な方法をみていきます。

果たして、あなたは水を飲むことによって、スリムな体を手に入れることができるでしょうか。

水でダイエットしよう!

水でダイエットをする前に、基本的な知識をもって実行しなければ危険です。

当たり前に摂っている水ですが、どんな性質があるか理解されている方は少ないでしょう。

まず水について学びましょう。

水が必要な理由

人間の身体の約60%は水分でできています。

水は、腸から吸収されると「血液」をはじめとした体液として、全身をくまなくめぐっています。

その水はどんな役割を果たしているでしょうか。

栄養や酸素の運搬と老廃物の排出

呼吸から取り入れた酸素と食事から摂ったビタミンやミネラルなど栄養分を、身体の細胞に運搬しています。

また、身体に溜まった老廃物を排出する働きもします。

体温調節の機能

身体の体温が上がった時には、汗として出て体温を調節する役割をします。

新陳代謝に効果的

水分は新陳代謝を効果的にしてくれます。

血液中の酸素を運ぶ赤血球の60%以上が、水分でできています。

肌の細胞も60%が水分でできています。

そのため水分が不足すると、疲れやすくなったり肌が荒れたりします。

水分が身体に必要分あることで、若々しい身体を保つことができます。

 

水の置き換えは危険

水だけ飲んで食事を摂らないダイエットは危険です

確かに痩せますが、食事制限のダイエットと同じく筋肉が落ちて体脂肪率が上がるでしょう。

身体が省エネモードになる

カロリー不足の状態が続くと、身体は省エネモードになってしまいます。

摂取カロリーが少なくなると、本能的に身体が消費カロリーを減らすように変化します。

つまり、脂肪の燃焼を鈍くさせ痩せにくい身体になってしまいます。

そうすると、ダイエットをやめたときに以前と同じ量の食事を摂るだけでも、太ってしまうという体質になります。

異常に食欲がでる

長い間、水だけで過ごすと身体がビタミンやミネラルなどの栄養を摂るように、食欲を促します。

そして、いつも以上に異常な食欲がでるでしょう。

そのためリバウンドになる可能性も高くなります。

 

水ダイエットはデトックスによるダイエット

水は、身体のライフサイクルをスムーズにする効果があるとても重要な存在です。

普段から適切な水分を摂取して、身体の新陳代謝を整えて痩せやすい身体をつくることが目的です。

ただ体重を落とすのではなく、デトックスで身体の内側からきれいにして結果的に痩せるというのが理想です。

腸内環境を整えるために、主に水分しかとらないファスティングという方法もあります。

※おすすめ記事「効果的なファスティングダイエットをはじめよう!」

 

水ダイエットの効果

代謝が上がる

水分を摂ることで、血行が促進され基礎代謝の向上が期待できます。

適切な量のきれいな水が体内をめぐることによって、血流の流れもスムーズになり細胞にもきちんと水分が行き届きます。

そうすると細胞の働きも盛んになり代謝が上がることが期待できます。

 

水の代わりに白湯を飲むと、胃腸が温まって内臓の働きが活発になり、代謝が上がりやすくなります。

また、女性には冷え性の方が多いといわれていますが、身体が冷えやすい方は夏場でも冷たい水ではなく白湯を摂ることをおすすめします。

 

過食を防ぐ

空腹だと、早食いや過食になりがちですね。

しかし、食べる前や食べている途中にもこまめに水を飲めば、空腹感を抑えることができるでしょう。

少ない食事で満腹感を得られるので、摂取カロリーも少なく抑えれます。

 

また、空腹感を抑えておくとゆっくり食事を摂ることができますね。

そうすると、食後20分くらいから働き始める満腹中枢も刺激され、結果的に食べ過ぎを防ぐことができます。

こうすれば無理なく痩せることができるでしょう。

 

便秘の解消

仕事中にトイレに行きたくないために、水分をあまりとらない方もおられます。

そうすると便秘がちになりますね。

便秘がちになると、気になるぽっこりお腹の原因にもなります。

しっかり水分を摂ることで便を柔らかくすることができ、スムーズに排便をすることができるでしょう。

 

むくみの解消

大量の水を一気に飲むと身体はむくみます。

水を飲む時は、ゆっくりと味わうように飲むことでむくみを解消できます。

むくみを解消すると血流も良くなるので、代謝も上がり痩せやすくなるでしょう。

 

水ダイエットのやり方

水ダイエットのやり方は簡単です。

水ダイエットは、その名の通り水を飲むだけでできるダイエットです。

水の1日の摂取量はだいたい2ℓといわれていますが、もう少し多く飲む方もおられます。

正しい水ダイエットのやり方をみていきましょう。

体重の4%の水を摂取しよう

水でダイエットする場合は人それぞれですが、1日にだいたい体重の4%の水を摂取しましょう。

例えば体重60kgの方は、《60×0.04=2.4》で2.4ℓ前後が目安です。

体重が重い方は想像以上に多いと思いますが、こまめに摂ることを心がけると案外できるものです。

 

水を摂るタイミング

水ダイエットでは、特にいつ摂るかは決まっていません。

目安量をしっかり意識して、好きなタイミングで摂りましょう。

おすすめは、起床時と食事の前です。

起床時に摂ると排便を促す効果があります。

食事を摂る前は、空腹を満たせ食欲を抑えたり脂肪や糖の吸収を抑えることが期待できます。

 

常温水がおすすめ

冷水は胃を刺激して、ガストリンというホルモンを分泌させ胃の動きが活発になり、便意を促す効果があります。

また、冷水は水分を吸収するスピードが速いため、その時のタイミングや体調により効果的な場合もあります。

しかし、冷水は摂りすぎると身体を冷やし胃の負担も大きいため、基本的には常温水を摂ることをおすすめします。

冷水を摂るタイミングは、起床時や体温が上がっている時に摂ると有効です。

それ以外の場合は常温水を摂るように心がけましょう。

 

どんな水を飲めばいいの?

水ダイエットで一番の疑問は「どんな水を飲めばいいか?」でしょう。

順番にみていきましょう。

水道水

一番身近なものが「水道水」ですね。

日本の水道は51項目ある水質基準をクリアしているので安全面で問題ありません。

水道管の鉛やサビであまりおいしくない場合もありえます。

 

最近では、リーズナブルで設置が簡単な浄水器もたくさん販売されています。

いろんな商品が出ていますがおいしいのでおすすめです。

軟水

カルシウムやマグネシウムの濃度が低い軟水は、さっぱりとした風味とまろやかな口当たりが特徴です。

普段、日本で飲まれている水はほどんどが軟水なのでなじみのある味ですね。

硬水

硬水は苦みや口当たりを重く感じます。

しかし、便秘解消に効果があるマグネシウムが多く含まれているため、ダイエットによく使われます。

他に、カルシウムやミネラルも含まれているため、動脈硬化を予防し心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすとされています。

お茶

お茶には利尿作用があります

ということで水分補給という点では適していません。

カフェインの少ない玄米茶やほうじ茶は水分補給として適しています。

 

お茶に含まれるタンニンは、鉄の吸収を妨げるといわれています。

そのため頻繁に飲んでいると、貧血になりやすくなるかもしれません。

 

【「水でダイエットしよう」に効果的なおすすめの水】

水ダイエットに最適な水を紹介しています!

※厳選!最高のおすすめの「水」

 

水ダイエットの注意点

メリットばかりが目立つ水ダイエットですが、やり方を間違えるとリバウンドや体調不良になることもあります。

そういった注意点をみていきましょう。

身体を冷やさないように注意

冷たい水を飲み過ぎると内臓温度が下がり、基礎代謝や免疫機能が落ちてしまいます。

そのために冷水、常温水、白湯をうまく飲み分けましょう。

トイレが近くなる

水ダイエットをすると、今までより飲む水の量が増えてトイレが近くなる場合があります。

一気飲みはせずに、小分けに水を飲むようにしましょう。

すぐに結果がでない

水ダイエットはすぐに結果の出るものではありません。

結果を求め過ぎず、少しづつ継続しながら無理のない範囲で取り組みましょう。

水中毒に注意

こまめに飲むことを忘れたり、喉が渇いたからといって一気に大量の水を飲むのはやめましょう。

一気に体内の塩分濃度が下がり、体調を崩してしまう状態になる恐れがおります。

この状態を水中毒といいます。

 

 

水でダイエットしようの総括

このように水でダイエットする方法をみてきましたがいかがでしょうか。

普段、何気なく飲んでいる水ですが、飲み方次第ではダイエットにつながるといううれしい効果があります。

水は人間にとって一番の健康飲料と呼べるでしょう。

我々の身体の60%以上が水分でできているのですから・・・。

 

最後に、水でダイエットすることは簡単でお手軽なので忘れがちですが、注意点を守って実行しましょう。

特に、水を食事と置き換えるのはやめましょう。

水がいくら体にいいといっても限度がありますからね。

注意点だけ守って継続していれば必ず効果はでてきます。

そしてあなたも水でダイエットを成功させて健康的な生活をエンジョイしましょう!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です